人気の家庭教師が分かる!掲示板口コミ情報を徹底分析

HOME » 家庭教師掲示板を検証 » アルバイトとプロの違い

アルバイトとプロの違い

掲示板では、大学生のアルバイトかプロ講師かどちらが良いのか迷っている方が多いように思いました。大学生もプロもそれぞれ失敗談、成功談も多く書き込まれています。はたしてどちらが良いのでしょうか。

アルバイトとプロの実力差を比較

特に印象に残ったのは、プロの家庭教師に関する話題。学生アルバイトではなく、有名校に入れたという実績がある「プロ講師」がいるということを強みにして広告している大手業者も多いようですね。しかし、実際に紹介された先生は期待とは違うというケースも。

60歳過ぎの男性が道に迷い遅れてきて、挨拶もそこそこに、子供の部屋に入っていき部屋を物色し怖い思いをした、ですとか、学生ではないようだけれども年齢がいっているだけでテキストの指導があやふやだった、など、有名塾のプロ講師のような人材を期待していると、失望させられることもあるそうです。

もちろん、熱意のある先生も中にはいらっしゃって、学生にはない豊富な知識と経験で、子供にぴったりの学習法を伝授してくれる方もいます。しかし、すべてのプロ講師がすばらしく、プロを選べば安心という固定概念は捨てたほうがよいのが現実のようです。

家庭教師の業界は、大学生や大学院生のアルバイトが大半とのこと。学生は自分の勉強などもあり、遅刻、ドタキャンなどもあって迷惑した、初めて家庭教師したと聞き、不安になった、ですとか経験不足を懸念する書き込みがありました。我が家は、結局、色々と考えてプロではなく学生の方にお願いをしました。

その理由は、実際に自分でも勉強している現役だということ。つまり、勉強のコツを知り尽くしているのです。勉強のやり方がわからないままでは、いくら上手な先生に教わっても身につかない、と感じたからです。勉強のやり方を身をもって体験して間もない受験を終えた大学生こそがコツを教えられるし、子供にとっても年齢が近いから分からないことも恥ずかしく思わず聞きやすいかな、と思ったのです。

学生でもプロでも意識が大切

熱意ある学生と実績のあるプロ講師はどちらがよいか。インターネットの掲示板では、学生もプロも賛否両論です。結局のところ、私が感じたのは、高学歴の学生やプロの「先生」をウリにしている業者が多いのですがそれだけでは無意味です。

どんな優秀な先生がいる業者でも、実際の指導内容を先生任せにしているのでは、派遣されてくる家庭教師の個人的実力に差がありすぎて、子供の学力には反映されず安心してわが子をまかせられません。」

子供への教え方やマナーなど、研修をしっかりしている業者なら、学生でもプロでも、当たり外れなく間違いのない先生が派遣されてくると思います。

 
ページの先頭へ
家庭教師選びのための掲示板検証サイト