人気の家庭教師が分かる!掲示板口コミ情報を徹底分析

HOME » 家庭教師掲示板を検証 » 費用の平均値

費用の平均値

何かと物入りな受験シーズン。家庭教師にかける費用は、できるだけおさえたいけれど、あまり安すぎても本当に子供のためになるのか心配になるのが親心というもの。わが家も色々な業者に話を聞きましたが、費用にばらつきがあると感じました。

授業料だけじゃない家庭教師の費用

そこで、インターネットの掲示板などで費用の相場を調べてみると…。基本としてかかるお金は、はじめて申し込むときの入会金、家庭教師の報酬である授業料、先生の交通費、教材を買うシステムの場合は教材費などがかかります。

コースプランを設定しているところも多く、例えば、週1回教材費混みで○○円など、お得なパック料金を提示してくるところもあります。業者によって金額が違うのが気になり、掲示板の意見を色々と調べてみると、家庭教師の先生に渡す授業料以外に、ちゃっかり「仲介料」をとる業者もあるとか。

先生の学歴や経験で金額が違うだけではないようです。また、先生のお住まいが遠い場合、交通費も負担しなければならないという決まりの業者もあります。どの業者を選ぶかによって、受験生を持つ親にとって、お金の負担がかなり違ってくるようです。

家庭教師にかける妥当な金額とは

インターネットの掲示板では、実際に家庭教師をしていた方が料金のからくりについて書かれています。

授業料について

面白いのが授業料のばらつきについての裏話。業者も利益がないと運営できないのですから、どこかで金額を上乗せするシステムになっているようです。一般的に、教材なしで授業だけを行う業者は、家庭教師の時給、例えば、1,500円だとしてそれに1,000円ほど上乗せするなど、大幅に仲介料というカタチで利益をあげています。一方、自社の参考書などを売る業者は、教材とパック料金にしているため、家庭教師の時給にさほど上乗せせずに安い料金で運営しているのだそう。そのからくりを知って私は、無駄な仲介料を払うなら、子供の参考書の費用にお金を使いたいと思いました。

入学金について

入会金は、2万円から3万円が一般的なようです。入会金は一切かかりません、などとウリ文句にしている業者もありますが、要注意です。実際に話を聞いてみると、入会金はかからないけれども、登録料が5~6万円ほどかかります、というパターンが多いのだとか。結局は名前の違いだけで、何かしらはじめる際にはお金がかかるのが現状のようです。

教材費について教材費に関しては、その業者によって色々です。高額なところでは、授業料とは別に、50万円から70万円という業者もあったとか。一括で考えると恐ろしい金額ですが授業料とパックの月払いプランを用意しているところも。詳しくは、教材購入システムの是非というページを読んでみてください。

 
ページの先頭へ
家庭教師選びのための掲示板検証サイト